【勝手にGalloイタリアワインコラム Vol.37 地場品種って面白い!No.10 ファランギーナ Falanghina】

【勝手にGalloイタリアワインコラム Vol.37 地場品種って面白い!No.10 ファランギーナ Falanghina】
ちょっと気候が暑くなってくると、よく冷やした南のほうのワインが美味しく感じられるようになりますよね
今回は首都、ナポリで有名なカンパーニャ州の地場品種、“Falanghina ファランギーナ”
ローマ帝国が栄える以前にすでに存在し、ギリシャの移民によって運ばれたという説が有力です
主にカンパーニャ、お隣のプーリア州でも少しつくられていますね
何といってもお花のような明るい華やかな印象の香りが特徴的
香りだけで気分も明るくなってくる気がします♪
フレッシュに造りあげるワインが多いかな
酸味が豊かでつくられた場所によっては塩気のあるミネラルも感じ
お値段も良心的♪
お野菜やお魚にも合わせやすい品種です
生産者: マッセリア スタルナリ
ワイン名:マレーサ
ヴィンテージ: 2015
品種: ファランギーナ
生産地:カンパーニャ州
ボトル詰め、打栓、ラベル張りまですべて手作業のまさに小規模手作りワイン
酸化防止剤も極力使用せず、葡萄の力を信じたワイン造りをしている生産者さんです
綺麗な酸と爽やかな果実感が楽しめる