【勝手にGalloイタリアワインコラム 地場品種って面白い!No.11 ネロダヴォラ Nerod'Avola】

【勝手にGalloイタリアワインコラム 地場品種って面白い!No.11 ネロダヴォラ Nerod'Avola】

今回はシチリア内での葡萄生産量14%ほど、ポピュラーな品種、ネロダヴォラ。
“Nero”=黒い d’Avola=アヴォラ(シチリア南部の地名)つまりAvolaの黒といった意味

まさにこのあたり、シチリア南部原産の品種で
名前の通り色合いも濃く、力強いワインとなることが多い
一昔前まではポリフェノールを足す要素としてブレンド用で使われることが多かった品種ですが
近年では単一品種で木樽などを使い高品質なワインを造り上げる傾向を受け、高く評価されている
シチリア以外だと海を挟んでお隣のカラブリア州、イタリア以外だとなんとカリフォルニア、オーストラリア、トルコなどでも栽培されているそう
プラムや熟した赤い果実、ジャムのようなやや甘いアロマ、
酸味は穏やかで力強く濃厚な味わいに仕上がるものが多いい
シチリアでもよく食べられているトマトソースものや魚介、まぐろなどとも相性がいい♪
わりと手に入りやすい品種のワインなので見かけたらぜひ手にとってみてください

【Galloのおすすめイタリアワイン!】

生産者: テヌータゴルギトンディ
ワイン名:コステ ア プレオラ
ヴィンテージ:2017
品種:ネロダヴォラ
生産地:シチリア マザラ デルヴァッロ
シチリア南部が発祥のネロダヴォラですがこのワインはシチリア西部、マルサラ付近で作られています
湖が近くにあり、比較的緑が多く生態系も整った恵まれた環境でビオロジック栽培をおこなっています
お花のようなフルーティーでややスパイスも感じる華やかなアロマ
しっかりとしたタンニンもありつつ果実味がうまくまろやかにまとめています、ワインを飲み慣れていない方でも比較的飲みやすいかと!