『農園ヘヴン』堆肥作りに挑戦だ!

『農園ヘヴン』堆肥作りに挑戦だ!

2018年4月26日

本日のメンバー。店長伊藤、シェフ小川。いつもの二人

晴れ 25度 風は優しく、心地よい。ハウス内は夏 半袖!!ゴム長熱い
さて、1週たって育苗中のハーブたちを先ずは見てみましょうかね~~。

ちょろちょろ出てきておりますwwwかっ、かわいい( ゚ ω ゚ )

今日も水やってそっとしておきます。日に当ててやんないとね~。
さて、本日は堆肥作りに挑戦です。
先生は、アフリカにも農業を教えに行ったことのある農業のプロ、堆肥のプロの磯田氏ですワー、パチパチパチ・・・。

用意する物、菌が分解できるもの。てことでGalloからキノコの石附を持参しました。
これをほぐしてほぐして、放線菌と粒状の糠を混ぜます。

既に意味が分からないと思いますが、専門の業者さんはこういう堆肥の元になるものを沢山取り扱ているのです。
農家さんは、それぞれ自分の畑に必要な成分や、野菜に合わせての肥料などを購入し畑にまくという感じらしいです。

で、僕たちはせっかくなので堆肥も自分たちで作ろうぜ!という謎に拘ったことにも挑戦してるというわけです。

さて、放線菌と粒状の糠、そしてハーブの苗床にも使用した磯田氏がもともと作っていた堆肥とさらに水を加えて、水分量やく55%に合わせたものがこちら。

ででんっ!( ゚ ω ゚ )

こいつを最後は麻袋に入れて

放置します、来週あたりには一次発酵が終わっていることでしょう!!

楽しみ楽しみ!!( ゚ ω ゚ )

次回は『細々したことが沢山あって大変だ!』ノ巻