Gallo/ジョンさんの沖縄チーズとシチリア自然派ワインの会3.16

Gallo/ジョンさんの沖縄チーズとシチリア自然派ワインの会3.16

先日行われたチーズとワインの会のイベントの様子を少し・・・

事の発端は先日シェフが沖縄へ食材探しの出張に出て出会ったという

イギリス人のジョンさんが作るチーズをお土産にお店に持って帰ってきたところ

ゴーヤやら島ラッキョウやら面白い素材でめちゃくちゃ美味しいチーズがある!

それに感動した私、ソムリエ加藤がこの面白さと美味しさをみんなで共有しよう!と企画したイベントなのでした

もともとシチリアでチーズを作っていたジョンさん。日本に来てから最初は北海道でチーズ作りをしていたそうですが、納得いくチーズが作れなかったそう。チーズに最適な土地を探していたところ、訪れた沖縄の気候、気質がシチリアと似ている!ということで北海道から移住して沖縄でつくり始めたそうです。もちろん牛のお乳も沖縄の牛より。好奇心旺盛なジョンさんは沖縄のいろいろな食材をチーズにいれました。ジョンさんいわく素材はチーズに加えると発酵しチーズの旨味へと変化するそうです

↑こちらがジョンさん。

今回はそんな面白いチーズより10種を食べ比べ、ワインはシチリアのワインを4種

 

↑まるで某せっけんショップみたいに綺麗なチーズ

今回は、黒にんじん、タレッジォ、琉球カマンベール、エメンタール 、ゴーヤ、ポルチーニ、島らっきょう、ヨモギ、ちゅらなんじょう、チーズヨー(チーズヨーは豆腐ようのチーズ版)の10種

ちなみに香りが爽やかなヨモギ、旨味しっかりポルチーニあたりが人気だったかな

お出ししたワイン、左より

ポルタデルヴェント/ヴォリアビアンコ(濁った爽やかフリッツァンテ)

バーラコ/カタラット(ボリュームしっかりある白)

マッセリアデルピーノ/エトナロザート(綺麗な果実味が秀悦のロゼ)

マネンティ/ネロダヴォラ(ジャミーでやわらかいボリュームの赤)

前菜にはGallo自家製豚のハムをどーん!

左は日暮里にあるパン屋“ヴァネール”さん(https://www.facebook.com/vanertokyo/)のサワードゥ。外パリ、中はジューシーなパンは噛めば噛むほど旨味が!右はシェフが焼いたオニオンフォカッチャ。旨い!

チーズはこんな感じで。皆様それぞれにお気に入りのチーズをみつけたりワインとの組み合わせを楽しんだり、チーズとワインを輪にお隣さん同士ともお話し弾んでいました♪

ところでチーズを食べると幸せホルモン倍増のようですよ!(^_-)-☆

https://matome.naver.jp/odai/2141705160919932301

(信じるかどうかはあなた次第・・・笑)

皆さまがHappyな時間を過ごせたようなら嬉しく思います

イベントにご参加いただいた皆様、有難うございました!