神楽坂ワイン食堂のビストロ料理 2019 2月

神楽坂ワイン食堂のビストロ料理 2019 2月
こんにちは、伊藤です。
寒い日が続いております。神楽坂ワイン食堂EntraideはいつでもHotです。
どうぞ皆さん、ビストロ料理と、ナチュールワインを楽しみにいらして下さい。
会社の宴会等にもコースと飲み放題も御用意しております!!
さて、宣伝はこのくらいにしまして、早速料理を紹介していきましょう。

 

うずらの壺抜きキノコバターライス詰め

レストランじゃないとなかなか食べられない物っていいと思うんですよね。
ウズラも一般家庭の食卓には並ばない食材だと思います。
丁寧に骨だけを取り除き、キノコバターがしみこんだライスをたっぷりお腹に詰めて
焼き上げます。モモや手羽は手に持って食べてもらいます。
下に敷かれてるのは人参です。今年は人参が沢山採れました。
しかも、しっかり甘く美味しい!!
人参にサツマイモの甘みが加わったような素敵なお味です。

豊作!大量!!( ゚ ω ゚ )

千葉県野田市で野菜作っています。地下足袋は伊藤の足です・・・。
無農薬で野菜作っています。冬場は良いんですよね、虫さんたちはお休み中なので。
夏の畑はホントにきついんです。そのうちここに書くことになるかもですね。

 

クスクスと羊

羊って美味しいですよね。個人的にもすごく好きなお肉です。
そんな羊を蒸し焼きにしてクスクスと合わせました。(*´ω`)
見た目もイケてる一皿。少しエスニックな香りがするゲヴェルツ当たりを合わせてもいいかもねぇ。
今回は北海道の石田めん羊牧場さんから届いたお肉。( ゚ ω ゚ )

 

鮑茸のキッシュ

キッシュって嫌いな人いないんじゃないかな?と思っています。勝手ですみません。
で、この料理は伊藤がリクエストして作ってもらった料理なのです。
というのも、最近『オレンジワイン』って言葉を聞いたことがある人や、すでに好きで飲んでるぞ!
という方がいるかもしれない、マセレーションを長くして造る色の濃い味も濃い白ワインの事(簡単に説明すると)
にキノコの料理を合わせたい!とわがまま言って出来た料理です。(*´ω`)
わがままで造った料理を食べに来てください。勿論オレンジワインを片手に食していただきます。

 

鴨のパテ

良いですね、こういうシンプルな料理。
シェフの得意な型にハメる料理のひとつです。
のっぺりした食感にはロゼワインを合わせてみたいなと思うのですが、いかがでしょうか。
少しだけ甘みのある果実味豊かなやつがイイね
アントレイドは自然派ワインのお店ですので、ロゼワインにしても少し変ったロゼワイン用意してます。

 

ピエドポール

豚足を使った料理。豚足をくりぬき中に粗めの豚ひき肉を詰めてカーボロネロで巻いて。
さらに網アブラで巻いてソースもいいですね。ルビーポートワインソース
手をかけて仕込んでフレンチはそういう料理です。( ゚ ω ゚ )

 

いつものチャバタ

シェフ曰く、あまり混ぜずにつくる高加水したパン。
焼キ
300℃ 6min
270℃ 25min
250 6min

提供前 焼キ
270℃ 9min

パンが美味しいビストロと少しづつ認知され始めたかなぁ。

 

ブリオッシュに包んだフォアグラ

とても火入れが難しい料理のようで、フォアグラの加減を良い状態に四苦八苦していました。
フォアグラの旨味をしみ込んだ部分のブリオッシュを想像してみてください。
甘口の白ワインを合わせたい。(*´ω`)っ

 

牛タンのカリカリ焼き(定番料理)

オープン以来ずっとやっているはずの一皿です。
なるべくぶ厚く、なるべく柔らかく。

立派なカリフラワーが出来たので、添え物に使ってもらいました。
採れたては美味しい!ちなみにカリフラワーもブロッコリーも冬の野菜!今が旬ですからね!
しかしながら、寒すぎて霜が降りると傷む繊細なお野菜カリフラワー(ブロッコリーは強い)収穫時期をミスれば・・・。
大きく育てたい、でも、早めに収穫しないと傷んじゃったり、温かくなると花が咲いちゃう。
そんな彼らはアブラナ科。( ゚ ω ゚ )

 

ラムラックのロースト

これまた、焼くのみの料理ですが
気になるのは火入れの状態。いい色してますね。
骨周りが旨いんだなぁ。
お野菜はスティックセニョール!シャキシャキしてて美味しいんだ。
こいつもアブラナ科!!( ゚ ω ゚ )

 

2/23土曜日です。昨日の金曜日は忙しかったな。入れなかった方々申し訳ありません。。。
常連様と話をしてたら『異動が決まったよ』と報告を頂いたり。そんな時期かと。
ということで、3月の歓送迎会シーズンは是非是非アントレイドでよろしくお願いします!
2時間飲み放題付で4980円OR6480円の骨太ビストロコースがあります。
飲み放題はワイン29種!!٩(ˊᗜˋ*)و
歓送迎会のご予約お待ちしております。

砂肝、豚足、ハーブを効かせたソーセージ

3階のTerzoのソーセージマシンを借りてつくった大ぶりソーセージ。
中の具材を考えた食べごたえあり!な一皿。
深夜2時まで営業してますが、深夜にもワインと共に楽しむ方をよく見ます。
みんな大好きソーセージっ!!٩(ˊᗜˋ*)و

 

サーモンのミキュイとサラダ

軽く火入れしたサーモンとポシェしたお野菜。彩り豊かです。
鹿児島のやんばる糖を使用してまろやかな甘みを引き出して
真空パックで太白胡麻油を使って品のいい香りをプラス
40度で1時間の火入れで脂身がほろり
提供前に皮を焼き食感に差を
トマトは別で仕込みしたもの。軽く干してオイル漬けにした。
甘酸っぱいトマトとほくほくした野菜、サーモンの旨味。
合わせたワインはトスカーナ産コジモ・マリア・マジーニのマディル・デ・ロゼ。
これは旨いなぁとしみじみ・・・。(*´・ω・`)

 

和牛のホホ肉とテールの赤ワイン煮込み

ギュウほほとテールをよく焼き付けて一緒に煮込んで旨味を引き出し
最低6時間は煮込んでしっかり味を引き出した定番料理。
付け合せも根菜をゆっくり低温で茹でて最後に焼き付けたお野菜。
すっとナイフが入る柔らかさの料理同士を一緒に口に頬張ってほしいかなぁ。
俄然赤ワインが欲しくなりますね。( ゚ ω ゚ )

 

ミルフィーユ

たまにはデザートの紹介を。
ザクザクした食感の生地と甘いクリーム。食後に甘いものは幸せですね。