【季節の料理】10月

【季節の料理】10月

伊藤です。10月の料理とワインを綴ります

キアニーナ牛のローストビーフ

1080

たまにはこんなワイルドな料理も作ります。

赤身でしっとりしているキアニーナの肉質を楽しんで頂きます。

酸がキュ~ッと効いていて、ミディアムボディの赤が良いなぁ。

こういうのはあれこれ悩むことなくトスカーナはLanchiolaのキャンティを。

小ぶりのグラスで気軽に飲みつつロービーをつまむ。

真鯵の赤ワインビネガー〆

980

Galloでは定番の赤ワインビネガーでしめた鯵。

あしらいに、畑から取ってきた黒大根のスライスを。採れたては美味しい。

辛味があってとっても合う。

真蛸と根菜

1080

最近は蛸が捕れないのですかね?価格がドンドン高騰してます。

秋に入り、自社農園で取れた紫大根などを合わせました。滋味深いです。

若い間の根菜の葉の美味しさも、最近は味わうことがない食材ですね。

余すことなく調理します。

白魚のアーリオオーリオ

880

抜群の鮮度で届いた白魚をオリーブオイルとニンニクで。

これは白ワインが進みますね。。。

小鹿のラグー手打タリアテッレ

1480

この日のパスタ担当は佐藤がつくりました。

鹿が半身で入ってきたので捌いて煮込んで。手打のしっかりと粉の味も残る美味しいパスタが出来ました。

ランゲネッビオーロいいんじゃないか。Cascina Morassinoは好きだなぁ。

真鱈白子のムニエル

1780

今年も真鱈が出回る季節になりました。境港から1尾まるまるした鱈が届きました。

先ずは白子から調理していきます。

もったりした食感とねっとり旨味。バターの香も食欲をそそります。

PORTA DEL VENTOのカタラットを合わせて。

水蛸のカルパッチョ

1080

オリーヴオイルとレモンでさっぱり仕上げたカルパッチョ。

こりこり食感がヤミツキです。

麹漬けした鯖と太刀魚のフリット

1180

揚げ物はどうしても風味が飛びがちなのだけど、

これは麹の風味がぐ~~っっと入っていていい仕上がりでした。

仔鹿の骨付きロースト

2480

鹿の半身がやってきました。骨付きのまま炭火で焼いて提供します。

後処理や解体が良いのでしょう、臭みも感じず美味しい肉質です。

久しぶりにサルディーニャのカンノナウが入ってきたのでこちらを合わせて。

 

さて、
11月ですね。蟹の季節がやってきます。
来月はどんな料理が出来上がるのか。
楽しみです。